STATEMENT

作品媒体は立体、映像やパフォーマンス、インスタレーションなど多岐にわたるが、私の作品はしばしば、自身や他者が[演じる]という行為を通して、非現実的な滑稽さや生活スタイル、理想を目撃するために可視化される。その動機は私が環境や物や他者との関係の中で起こったハプニングが元となり、生きやすく生きるためには、ハプニングを軽やかで笑えるものに転換し乗り越える必要がある。


Work mediums range from 3D, video, performance, installation, etc. My work is often visualized to witness unrealistic humors, lifestyles and ideals through the act of [performing] by oneself and others.  The motivation is based on the happenings that occur in the relationships with the environment, things and others, and in order to live better, it is necessary to convert the happenings into light and light ones and overcome them.